ナゴブロ

EURO-WORKS Racingのコルナゴ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジロデイタリア 5月12-6月3日 5月14日 第3ステージ バルミーニ~カリアーリ 181 km

少しづつ落ち着きを取り戻しつつある私の生活

これからブログの方も更新していきますのでめげずにお付き合い下さい。

そこでいよいよ07ジロも始まり、深夜の放送にはPCとTVを並べて置いて観戦してます。

やはり今年のジロの注文はTinkoffの活躍とペタッキの復活です。

で第2ステージでいきなりTinkoffのPavel Bruttが逃げて山岳ポイント獲得!なかなかアピールしまくりな新鋭チームに感動、そしてスプリントでペタッキがステージを獲れば言うこと無かったんですが、3位どまり・・・チッポがいる時代のジロの時と同じようになんか切れがないように・・・と思いきや第3ステージで見事復活!コルナゴ氏もチームの関係者もホッとしたんではないでしょうか。
長いジロの期間に完全復活を期待してみよう。

詳細はmas ciclismo(マス・シクリズモ)http://masciclismo.web.infoseek.co.jp/index.htmlで見て下さい。


スポンサーサイト

3月24日 ミラノ~ サンレモ

昨日は深夜ミラノ~サンレモをJ-sportsで見ました。
いや~感動です。嬉しいです。応援している選手が勝つとほんと心臓バクバクして眠気も吹っ飛びましたよ!

仕事が終わってあわてて帰宅、途中からしかみれないかな~と思っていると放送が始まった所のようです。
画面は4人の逃げが決まっていて、注目のティンコフの選手が入っているじゃないですか!パナリアの選手も入っていてColnagoのチームカラーがどんな感じでTVに写るかじっくり見ていました。結構地味に見えるな~と独り言をつぶやきながら遅い晩飯を・・・(嫁はまた始まったと冷たい視線・・・とりあえず気づいてない振り)

最後はスプリントでペタッキとフレイレの一騎打ちになれば嬉しいなと思いながらレースの展開を追っていました。
しかし疲れているのかどうも睡魔が・・・しかし目を見開き最後まで見届けるんだと根性入れ直しテレビに向かう。

詳細はmas ciclismo(マス・シクリズモ)http://masciclismo.web.infoseek.co.jp/index.htmlで見て下さい。

結果、フレイレがペッタッキの後ろ絶好の位置からのスプリント!他を寄せ付けない伸びで優勝!興奮しましたよ!ペッタッキはあまり調子が良くないのか途中で足を使ってしまったのか首を振っていましたね。

次はフランドル楽しみですね。

■ 2月27-3月3日 ボルタ・ア・コムニダ・バレンシアナ

■ 2月27-3月3日 ボルタ・ア・コムニダ・バレンシアナ

ミルラムのペタッキが第2ステージで区間優勝!
第1ステージ2位、第3ステージ2位、第5ステージ2位と3ステージでランプレのベンナーティに敗れた。

詳細・総合結果は
Mas Ciclismo(マス・シクリズモ)
http://masciclismo.web.infoseek.co.jp/index.html

ペタッキ ポルトガルのレースで4-1=3勝!フレイレ復活!

■2月21-25日:ボルタ・アオ・アルガルベ(ポルトガル)

第1ステージ ミルラムのペタッキはゴールスプリントを制したが進路妨害をとられ4位に降格、しかし第3/4/5ステージを制し総合優勝。

■2月18-22日 : ブエルタ・ア・アンダルシア(スペイン)

ラボバンクのオスカル・フレイレがステージ2勝をあげ総合優勝!
昨年後半悩まされたケガから完全復活!

コルナゴを駆る二人のスプリンターが昨年のケガから復活!
ミラノ~サンレモでの激闘を予感させますね~今から楽しみだ。

詳しい記事はこちらで
Mas Ciclismo(マス・シクリズモ)
http://masciclismo.web.infoseek.co.jp/index.html

ウルリッヒ引退

ウルリッヒ引退の情報遅れながら見ました。

結構好きな選手だったので昨年のスキャンダルが悔やまれます。
きっとゴタゴタでモチベーション維持できなくなったんでしょうね。

ツールでリース勝った年(96年?)、最後のタイムトライアルで良いタイムを出した時が最初に注目した時だったかな~。
で、翌年ツール優勝、それからもほぼ表彰台でフィニッシュしている事からも凄い選手だったんだなーと思います。
反面、下りで崖から落ちたり、雨の寒いステージでパンターニから大幅に遅れたりとポカの多い所も人間味があって応援したくなる所でした。
忘れちゃならない冬の激太りとかも毎年騒がれてましたよね。

それとツール期間中??だったか中野浩一さんのインタビューに嬉しそうに答えていたのを何となく覚えています。
(旧東ドイツの選手だったのでスプリント世界チャンピオン10連覇の中野浩一はヒーローだ!ような事を言ってたかコメントとして紹介されていたように記憶しています)

こんな形で引退するとは少し悲しいですが、記憶に残る選手だったことは間違い無く、これからの活躍を期待したいと思います。
多分選手辞めたのでブクブク太っていくんやろなあ~と変な期待もしてます。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。