ナゴブロ

EURO-WORKS Racingのコルナゴ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューズ新調

gaerune.jpg


シマノ鈴鹿も終わり、なんか気が抜けた状態とケガでやる気もダウン気味です。

そこで夏前からサイズが気になっていたシューズについて考えて見ることにしました。

今年春先から長年愛用しているメーカー「SIDI」のNEWモデルGenius5.5を使い始めました。
ここ数年はサイクリング中心だったし、カーボンソールの堅さも好きになれずプラスチックのソールのモデルを使っていましたが、ホビーレースを再開するのでとうとうカーボンソールを本格的に使用することに。
しかし、ここ数年蓄えたブクブク脂肪の状態では小さく感じたシューズも夏前には足が痩せたのかブカブカに。しまいには前後に動き出す始末、違和感を感じながらもシーズン中にシューズ交換もイヤだったのでベルクロを思いっきり締めてなんとか走っていました。

で、目標であった鈴鹿も終わった事だし調子の良い間にシューズを新調しようかと。
SIDIには残念ながら今のサイズより小さいサイズが無かったのでメーカーも替えることにしました。
候補は何社かありましたがカーボンソールで「しなる」物が条件です。
鈴鹿に来ていたメーカーさんのソールを片っ端から曲げてみて感じが良さそうだった「ガエルネ」を候補に。
幸い輸入元ダイナソアさんが店から近い事もあり夜店が終わってから無理言って試着に出かけました。
お忙しい中いろんなシューズを倉庫から出してきてもらって試着。
自分の足は右と左が5mm違うので本当は違うサイズを履きたい所ですがそうも行かず何とかサイズを決定。
今年の冬から始めようと思っている「シクロクロス」用に同じデザインのMTBシューズもお買い上げ!!店に展示するのもついでに(逆のような・・・)お買い上げ!!して帰って来ました。

そこで昨日、クリートを取り付けて位置を決めのためにローラー上で試走してみる。一度だけ位置替えて
「まぁこんなもんか」とりあえず決定!あとは始めてのメーカーだし数日走りながら調整していくことにしよう。
愛用のインソール「Super Feet」は作りに行く暇がないので今までの物をとりあえず使うことに。(インソールの話は次の機会にします。)

使用感はまた数日試してからレポートします。
見た目はSIDIよりソールが薄く(クリートの取り付けボルトも半分くらい削らないと駄目でした)、結構カーブしているので(これはSIDIと同じ感じ)違和感無く履けそうな感じなので楽しみです。

と言う事で気に入ったら08yモデルから「ガエルネ」も取扱い始めます。
冬専用シューズもあるのでちょっと注目です。
何種類かとりあえず展示しますので気になる方は是非見に来て下さい。



スポンサーサイト

シマノ鈴鹿ロード

8月25・26日三重県Suzukaサーキットで行われた
シマノ鈴鹿ロードに行って来ました。

土曜日は個人ロードとチームTT、日曜は個人ロードにエントリー。
個人は優勝目指して、チームTTは1週9分トータル36分以内にゴールすることを目標にしていました。

まず土曜
前日金曜深夜2時前にチームメイトと鈴鹿現地入り、AM4時のゲートオープンと同時に2日間チームと応援の家族が涼める場所を確保するための第1レース??に参加するためゲート前に並ぶ。
まだ2時間もあるのにすでに並んでいる沢山の人・・・
時間も過ぎ3時45分ゲート前はまさしくレース前の雰囲気で、殺気立ってる人たちであふれかえっている。ちょっと怖いくらい。

4時ゲートオープン!目指すはピット2F、ロードレーサーでチームメイトと計3名でスプリント(笑)開始!
見事確保に成功!これで2日間熱中症の恐怖から逃れる事が出来た。

それからは駐車場に戻り仮眠を少しとって試走時間まで荷物をまとめて準備を始める。
試走はコースや風の状況の確認とチームTTの際に使うギア比の確認。
どこで加速したら効率良くスピードに乗るかを3週ほどかけて試してみる。寝てない割には調子も良さそうな感じだったので今日は期待出来そうでワクワク。

そして時間は過ぎアップも済ましていよいよレーススタート。
今回はオープン2、3週回のレース。
距離が短い分「逃げ」の決まりにくいレースなのでほぼ確実にゴールスプリントになる。
混戦スプリントになれば自分にも入賞、そして優勝のチャンスはあるので何とか良い位置でスプリントに入れるように意識して走る。

スタートから1週回はそこそこペースで進む。
ここまで順調に走れてる。

しかし鈴鹿はレベルが高く、集団の密集度も高く、チームでレースを作っていくようなクラブチームもあり気が抜けない。

2週目ゴールライン上はスプリントポイントがあり4名程度がそれを取るためペースアップ。
自分はゴールのみに照準を合わせているので無視気味に。
でもそのまま逃げられたらいつでも追えるように集団前方でペースを作りながら走る。
ホームストレート後半、このコースでは唯一負荷がかかる登り部分に。
前方でスプリントポイントを狙った選手達がまだ逃げている。
ペースもそこそこでなかなか距離が縮まらない。
周りもそう思ったのか一気にペースアップ。
自分は付いていくのに必死なくらいのペースで登る。
後ろは振り向いてないけどかなり集団も延びてるような気がする。

バックストレート、スプーン~デグナーと少しづつ逃げた選手を吸収しながらペースは速いまま進む。
自分も先頭目指して走るつもりで踏んで行く。
S字あたりの下りでようやく全員吸収(多分)。
ここからはそのペースのままスプリントの位置取り合戦に。
下がらないよう踏んでも踏んでも外から選手が前に出てくる。

そしていよいよ勝負の最終コーナーを抜ける。
残り400m一斉にスプリントが始まる。
自分の足ではここで本気で踏んでもゴールまで持たないので少しセーブしながらもがく。
300m超えた辺りからバラバラとなって前方に隙間が出来た。
ここで4番手(後で結果みたら5番手だったけど)から一気にギアを落として(アップか?)もがきにもがく!
一人抜いたけど先頭(実は2番手)に届かない程度の切れしかなかった・・・しかもゴール前気が抜けた瞬間一人抜かれた・・・
結果4番と思ったら一人少し抜け出た選手がいたみたいで5着・・・。
60086.jpg

調子も良く展開も自分向きだったのに5位。
ショック。まだまだスプリンターとは呼べないな~
明日に向けて切り替えよう!

続いてチームTT。
一緒に走るだ~そのさんが登録選手なので登録混合クラスにエントリー「愛三工業」「スキルシマノ」など有名トップチームと同じエントリーリストに並ぶ。
メンバーはだ~そのさん、Loweさん、Fさん、そして自分の4名
コースを4週します。

目標は1週9分を切って36分を切ること。
なかなか強烈メンバーで各メンバー個性があるのでうまく噛み合って自分が登り区間でロスしなければタイムは出るかな~と。
Loweさん、Fさんは登りが強烈。グリグリ登りを走らせたら自分は一瞬で置いて行かれます。
だ~そのさんは登録選手なんで強烈な引きを期待。
自分は登りの力で劣る分を得意な平坦~下り区間での加速とコースを良く知っているのを生かしてコーナーのライン取りなどでスピード維持役をしよう。

スタート前各自自分なりにアップする。
招集場所でローテーションの確認やコースの確認をしていよいよスタートへ

そしてスタート!
1チームづつ名前を呼ばれてスタートするので気持ちも盛り上がります。
スタートしてすぐの登り区間からLoweさんがガンガン引いてくれます。
やっぱ速い!けど何とか付いていく。
まぁココで切れたら怒られるけどね。

1週目、8分28秒と無線が聞こえる。(自分だけ無線付けて状況を確認してました)皆に抑えるように言おうかと思ったけど皆良いペースで走れているのでそのまま行くことに。これが裏目に・・・

2週目、自分は少し足に疲労が溜まってきつつも良いペースで進む。

3週目ホームストレート、なんかローテーションがおかしくなって自分もいっぱいいっぱいになって登り区間であきらかに失速・・・。
無線で「がんばれ」と聞こえるが答える事も出来ない・・・
どうすることも出来ずそのまま1週を走って最終ラップへ。

もうすでに皆限界が近いのが走っていてても解るくらい辛そう。
そこで自分が捨て駒になるべく松ちゃんコーナー(正式コーナー名忘れた)過ぎからガンガン引きまくる。
前に3チームほど見えるので下って最終コーナーまでに絶対捕まえると心に誓って踏みまくる。
ダンロップコーナー先ですぐ前のナカガワの選手が落車!ちょーど目の前のコース中央だったので避けるのに少し踏むのを躊躇したけど持ち直して踏む。
ここで2チームを捕らえて最後のストレートへ。
ここで自分は限界・・・
他の3名に最後を託し「行ってくれ~~」「踏め~」と叫ぶ。
力強い加速と残りのチームを捕らえてくれたように見えたので力尽きながらゴールラインを超えた。
結果33位 35分57秒43 目標は達成!力も出し切った結果でした。
良いか悪いかでは無く、奈良に移転してから巡り会ったメンバーと力尽きるまで走れた事が嬉しかったです。
まぁゴール後Loweさんの膝が大笑いしてたのが一番笑ったけど。

来年は未登録の3週にしようかな(弱気)
1年かけてまた走ってくれるメンバー探して自分も登り区間で足を引っ張らないで先頭で引きまくれるように練習しよう!


そしていよいよ日曜昨日のリベンジ!

昨晩はたっぷり眠れたので足にあまり張りもなく目覚めた。

今日は試走も行わずレース前にアップするのみに。
でアップに行く前に取引先でもある「スポーツバルム」を扱うダイナソアの担当者さんにウォームアップクリームなどの処置をお願いする。
全身適度なリラックスと担当者さんの心意気で俄然やる気アップ!
必ず結果を持って帰ってきますよ~と叫びながらアップしてスタートラインに。

時間ギリで到着、すぐスタート位置に。
間もなくスタート!
スタートも上手く行き先頭でしばらく進む。
登り区間で周りからどんどん追い越されて(遅すぎ)集団中段くらいに落ち着いてバックストレートへ。
落車には巻き込まれたくないのでなるべく早めに前へ上がるように踏んで行く。
スプーン手前でやっと前方に収まるとそのまま1週目を終了。

2週目、今日は何かペースも上がらず淡々とレースが進む。
スプーン超えてデグナー手前で先頭から3人目に。
なんとそこで前の選手がなぜかブレーキ!
びっくりして自分もブレーキ。
後ろの選手が自分の後輪に触って1秒か2秒、
「ガッシャ~ン」落車だ。
転ける選手の声と自転車の絡まる音が続いたのでかなり大きな落車になったかも。(あとで聞いたら20人くらいコケたらしいです)
それでもレースは進みスプリントポイントのあるホームへ。
ここでも2名がポイント取りにペースアップ。
続いて2名ほどもポイントめがけてペースアップ。
今日は集団もそれに合わせてペースアップ。
自分もなるべく遅れないように頑張って踏む。
登り区間も10番以内でクリア(やったら出来るやん!)

そして運命の(大げさか)最終ラップへ
やはり最終ラップも牽制気味でなかなかペースが上がらない。
そこでスクアドラの選手が自らペースを作るように上がってくる。
自分も前の方に残りたいので協力しようと3番手に控えて下り区間で交代しても良いくらいの気持ちで走る。
そのまま引き続けて(強い!)最終コーナーへ。
自分は3番手から一気に後ろが追い上げてくる所を見計らってペースアップ。
自分の左手から2名ほど上がって来るのが視界の端に見えたので自分も左に進路を取ってスプリントの準備。
しかしその瞬間右後方から一気に何名かが上がってきた。
ヤバイと思い自分も合わせて一気にスプリント開始。
一瞬の判断ミスで密集した集団スプリントをど真ん中で始めてしまった。
前方には右から上がってきた7名ほどが居るけど何とか隙間を探しながらそのまま踏む。
しかしさっき右から一気に出た選手が何人か落ちてくる。
自分の真ん前に一気にスピードの落ちた選手が下がってくる。
ここで踏むのをやめると後ろから追突されるのも怖いし、落車を巻き起こすかもしれないのでそのままその選手の左を抜けようともがき続ける。
しかし自分の左には何人かの選手が・・・
一人通る位の隙間は何とかあるのでそのまま行く。
でもダメだった・・・
左横の選手も寄れるスペースは無かったのか自分と接触。
自分は落車。

運良く一回転で立ち上がる(神業だわ
転けた瞬間後ろから轢かれるのが怖いので(本当これで大ケガになります)すぐ後ろを振り返って避けれる体勢に。でもだれも居ないし巻き込んだ選手も居ない(良かった~
次は自転車が轢かれたら後続を巻き込む落車になるのですぐ後方に残っていた自転車をつかみに行く。
何名かが避けてくれ後ろもまばらになったので再びまたがってゴール目指そうかと思ったけどタイヤが外れて回らないの押してゴール指す事に。
残りの100Mほどを歩いてゴール。
61813.jpg

ゴールラインを越えたら接触した選手が様子を見にコースを戻ってきてくれた。
お互い一声かけて自分はシューズも脱いでコース脇をコース出口の方へ歩く。これがまた遠い。

歩きながらケガの状態を確認すると左ヒジをかなりえぐってるし、腰骨あたりも擦りむいて痛い。
なぜか右手の甲もえぐれてる。
頭を打ってないかブンブン振ってみるけど大丈夫そう。
背中も打ったように思うけどあまり痛くない。
スプリントの最中でかなりスピードも出てたと思うけどあまりひどいケガでは無さそう。これはラッキー。

結果は68位完走。
明日からしばらくお風呂が辛い・・・
そうそう自転車はエルゴパワーレバーを少し削っただけでダメージ無し。ホイールも全然振れてない。
ケガもあの局面では軽傷で済んだ方だしラッキーでした。
ウエアは上下グローブがダメになったので痛いけど。

次は9月16日舞洲ロードに行こうかと思ってます。
春の舞洲は先頭集団から遅れてしまって心臓口から出るかと思うくらいゼーゼーハーハーと散々な結果だったレースなのでリベンジかな。

長々と読んで頂いてありがとうございました。
ひょっとしてご心配して頂いている方もいるかもしれませんが本当軽傷なのでご心配無く。
明日からバンバン働きます。

臨時休業のお知らせ

8月25・26日
はシマノSuzukaロードに行きますので店舗は休業させて頂きます。
ご迷惑おかけしますがよろしくお願い致します。

Rit'sクリテリウム

8月19日待ちに待ったRit'sクリテ。

滋賀県草津にある立命館大学 草津キャンパス構内の1週2kmの間に7個コーナーのあるの平坦コースを走るクリテリウム。
5月から本格的にトレーニングを再開し、目標にしていたレースの一つです。
「リッツクリテ」は例年春リッツ(4月)秋リッツ(10月頃)と年2回開催している京都車連主催のレースです。
平坦に強いスプリンター達の為のレースで自分に向いているコースでもあります。
今年は夏真っ盛りの8月になった事も、それに一番の目標鈴鹿ロードの前週となったこともあり必ず結果を出したいレースでした。

クラスはC3(7週)にエントリー。
目標は優勝!入賞ではなく優勝!と心に決めスタート。
スタート後狙っている選手は前の良いポジションで走りたいのでかなり激しいポジション争いに。
落車も嫌なので10番手以内をキープするように心がける。

1週目6コーナー(一番危険なコーナー)でイン側の選手が操作ミスでアウトの自分に突っ込んできた。
ヤバイと思い踏んで前に出ようとするけど間に合わず相手の前輪が自分の左足に絡まった。でも両者転倒せず何とか持ちこたえる。
自分のシューズを確認したけど何とも無さそう。良かった~

そのまま激しいポジション争いを繰り返しながら周回を重ねていく。
途中一人飛び出す選手が出たけど自分の反対側から飛び出したのと誰も追わなかったので着くことが出来なかった。
このまま行かれたら優勝がなくなると思い少し焦った。
でも何とか冷静に周りをみて誰か追うような動きが有ればそれに便乗出来るように注意しながら様子を見ることに。
まるまる1週くらい過ぎて少し距離が縮まってきたので少し安心した。
このままま最後のスプリントまで行こうと気持ちを切り替える。

ラスト2週。より一層激しくなってきて前をキープするにも気を抜けない状態に。

そしてラスト1週。
一番前に出るくらいのつもりで行かないとどんどんポジションを下げてしまうのでコーナーの立ち上がりごとに加速して前に前に。
また6コーナーで今度はアウトの選手がイン側の自分に倒れてくる。
肩を接触させながらクリアして転けずにすんだ。
自分がイン側の時はあまり焦らないけど後ろの選手とアウトの転けそうになった選手はちょっとびっくりしたかも。

そして最終コーナー。
自分では1番か2番手くらいで入りたかったけど3か4番手で突入。
ここから300mくらいでゴールライン。
タイミングを見てスプリント開始!
踏み込んだ瞬間「ギアが軽い!!」しまった~やってしまった・・・
十分シフトダウン(アップか?)したつもりだったのに・・・してなかった・・・
場所取りで完全に舞い上がっていたのか冷静さを完全に欠いていたみたい。
3番手でスプリントを開始していたので加速感があれば十分届きそうな位置だったのに・・・
結果スピードが延びず一人抜かれて4位でフィッシュ。
ショック・・・

なんとも不甲斐ないミスで終わってしまいました。

沢山応援もらって少しプレッシャーもあったけど「残念」が今の気持ちです。
手応えはあったのでトレーニング内容はなかなか良いような気がします。
来週までに体調を整え、気持ちを切り替え鈴鹿ロード頑張りたいと思います。

来年の春リッツは必ずリベンジ!
そして鈴鹿は優勝!

応援よろしくお願いします。

第3回サイクルミーティング しぼりたて牛乳とアイスを食べる

P8190039.jpg

お盆休みの12日サイクルミーティング行ってきました。

今回はやはり家族サービスDAYなのか総勢9名となりました。
2名の初参加の方もいましたが一般道をメインに往復50kmほどのコースです。
今までサイクリングロードはいつものんびり話しながら走るのですが今回はほとんど車道を使うのでなるべく良いペースで走って緊張感を維持してもらえるように心がけました。

スタートからとにかく暑い!南向いて走るコースなので直射で陰にもならずとにかく暑かったです。
皆さん心なしか言葉も少なかったような・・・

コースは法隆寺から高田を抜けて葛城山ロープーウェイまでのクライムと「ラッテたかまつ」さんでアイスを食べて少し涼んで帰るコース。
葛城山も山麓バイパスが渋滞だったので手前から田舎道を登って行きました。適度に登ってたっぷり休んでと楽しいサイクリングになりました。

次回は9月17日にしようかと思っています。
お気軽にご参加下さい。




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。